【夏ディズニーの防水カメラはOsmo Actionがオススメ!】ショー&海で撮影してみた!

osmo action
Pocket

 

今年は2019年7月9日(火)〜2019年9月1日(日)まで、東京ディズニーランドではイベントのテーマを一新した「ドナルドのホット・ジャングル・サマー」、東京ディズニーシーでは3年連続「ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催されています。

夏ディズニーの醍醐味と言えば!?

全身ビショビショになるショー&パレードです!

楽しむのはもちろんですが、中にはカメラでショーを撮影したい方も多いはず!

でもカメラが壊れない為の防水対策って大変ですよね><

きちんと防水対策をして一眼レフカメラを構えている方も多いですが、僕は防水機能の付いているアクションカメラをオススメしたいです!!

昨年までは「GoPro HERO5 Black」を使用していましたが、今夏Osmo Actionを購入したのでレビューしたいと思います!

 

 

 

<スポンサーリンク>


 

設定

 

  • 動画は1080p 30fps
  • スローモーション動画は1080p 8X
  • 手ブレ補正あり(Rock Steady)
  • 防水ケース無し
  • 親水タイプの保護フィルム使用

 

下の動画のオススメ再生方法

 

せっかく1080pの画質で撮っているので、見て頂く方にも綺麗な画質で見て頂きたいと思っています!

 

パソコンから

 

  1. 動画再生画面の右下にある歯車アイコンをクリック
  2. 画質をクリック
  3. 1080p HDをクリック

 

スマートフォンのYouTubeアプリから

 

  1. 動画再生画面の右上にある縦の「…」をクリック
  2. 歯車アイコンの画質をクリック
  3. 1080pをクリック

 

この設定をすると画質が落ちずHD画質のまま動画を再生することが出来ます

 

東京ディズニーシー夏のショー編

 

ディズニーシーで行われている「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」を撮影してきました!

「GoPro」もそうですが「Osmo Action」はズーム機能がないのでなるべく良さが伝わりやすいよう一番前で撮影♪

踊りながら撮影しましたが、手ブレ補正機能が付いているので動画を見ている側の不快感はありません。

更に今回!親水タイプの液晶保護フィルムを使っていることもあり、水滴がすぐに落ちて見やすかったです!

 

水が少ないver.

 

 

ホース等での大量の水ver.

 

 

海水浴での波打ち際編

 

こちらも防水ケース等使わず本体のまま使用しました。

動画は1080p 30fps、スローモーションは1080p 8Xです。

ディズニー編同様画面に水滴が付きにくい為とても見やすかったです!

水中の動画をもっと撮りたかったのですが、海がそんなに綺麗ではなかったので次回リベンジしたいと思います><

 

動画撮影

 

 

スローモーション撮影

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

「Osmo Action」水深11mまで防水性を発揮出来るので、ディズニーリゾートでの夏の水濡れショーや海、川等でも活躍できます!!

夏の思い出を綺麗に動画に撮ってみてはいかがでしょうか?

別シーンで使用してのレビュー等はまた更新したいと思います!

 

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

<スポンサーリンク>