【ディズニーが年パス値下げ!?】使用不可日の適応

Pocket

 

こんばんは!

本日、東京ディズニーランド&シーの年間パスポートの利用条件の変更等が発表されました。

年間パスポートの値下げで嬉しい!と思いきや、利用出来ない日の設定や、入園制限時の年間パスポート(共通だけではなく、単パスも)での入園が制限されることになりました。

 

〈スポンサーリンク〉



 

【年間パスポート使用不可日の設定】

2018年3月1日発売以降の年間パスポートでは、年間パスポートの使用が出来ない日が設定されることになりました。

  • 2018年

8月12日、13日、14日

10月6日、7日、8日

11月23日、24日

12月8日、9日、29日、30日

 

  • 2019年

3月28日、29日、30日、31日

8月12日、13日、14日

 

※2019年9〜11月の使用不可日は、2018年7月に発表されます。

 

【入園制限中の年間パスポートの使用について】

以前までは、入園制限中でも単パス(東京ディズニーランド年間パスポート、東京ディズニーシー年間パスポート)での入園は可能でした。

しかし、2018年3月1日以降に発売される年間パスポートから、入園制限中は共通だけではなく単パスも入園することが出来なくなりました。

 

【年間パスポートの料金改定】

「年間パスポート使いづらくなっちゃったな…」と思いましたが、その代わりに値下げすることになりました!

利用条件が厳しくなる分、安くなるのはありがたいですね。

 

  • 2パーク年間パスポート

(大人)93,000円 → 89,000円

(中人)93,000円 → 89,000円

(小人)60,000円 → 56,000円

(シニア)79,000円 → 75,000円

 

  • 単パーク年間パスポート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)

(大人)63,000円 → 61,000円

(中人)63,000円 → 61,000円

(小人)41,000円 → 39,000円

(シニア)53,000円 → 51,000円

 

2018年3月1日以降に年間パスポートを購入される方は、注意が必要ですね!

パークに行ってから後悔しない為にも、前もって把握しておきましょう♪

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です